結婚をとるか仕事をとるか

結婚か仕事かという悩みは多くの女性が抱くものであり、タイミングを考えているうちに月日が過ぎてしまうことはよくある。仕事を続けることを希望している女性にとっては結婚も転職もできるだけ若い間に行いたいと考えるのが通常であり、決断を急ぎたい気持ちに駆られることは少なくない。しかし、どちらを行うにも時間と労力が必要になることから、タイミングを図りかねてしまうことが多いだろう。

この際に考えておくと良いのが、仕事と育児のどちらを優先する人生を送っていきたいかということである。決断しかねてしまう理由として多いのが、決定的な決め手がないことであり、結婚も転職もしたいという気持ちばかりが前面に出てしまっていることが原因に他ならない。

結婚を優先したい気持ちは育児をすぐに行っておきたいという点に由来しているだろう。また、転職を急ぐ気持ちはこれから仕事をしていくのに必要な経験を積んだり、結婚生活と両立できる職場を探しておいたりしたいという考えから生まれていることが考えられる。いざ結婚して生活の中心になってくるのは育児と仕事であり、この優先度を考えることで、自分に合ったライフスタイルをつくることができるだろう。その順位がハッキリすれば、結婚を選ぶか仕事を選ぶかという問題にも答えが得られるだろう。優先したい方を見極めることが解決策であり、まずは仕事と育児の比重を自分の中で考えてみるのが賢明だろう。

注意してほしいのが、世間一般で言われている常識に惑わされないことだ。結婚で幸せになる人もいれば、仕事で幸せになる人もいる。結婚をすることで、また転職をすることでどんなメリット・デメリットがあるのかを調べて、結婚と転職の判断基準をハッキリさせることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です